グリュエンの懐中時計


手元に来てからかなり時間がたっているのでこれからオーバーホールしてみようかと思います。


なかなか迫力のあるムーブメントです。
グリュエンはそれほど有名なメーカーでは無いイメージがありますが、機械はかなり上等な作りだとおもいます。


真上からみた様子。すこし汚れていますね。


これは機械をケースから出したところです。リューズはケースの一部のようになっています。
もしかしたら取れるのかな?


12時のところの四角い穴のところにさっきの竜頭がはまり込みます。
カギ巻き式の変形なのでしょうね。
現在は巻き真というタイプが主流です。


文字盤を外して機械台にセットしたところ


地板を外して、油の劣化の様子を撮影しようとしましたが写真では良く解りませんね。
実際はカピカピに渇いたようになっていました。


これは日の裏車というパーツですが、真ん中の所と色が違います。
真ん中の小さな歯車か外側の歯が壊れて、どちらかをベースに移植修理したのかもしれません。
きっちり中心を出してパーツとして機能するよう移植するのは難しい技術なので(中心がずれると変心して歯車が回らなくなってしまう)
おお〜すごい〜と思って撮影です。


裏からみると色が同じなので、中心部分を移植してフラットになるようにみがいたということかな?


これは洗浄して組んだ所です。テンプが元気に動いてます。一つ一つのパーツはがっしりしてて迫力ありましたね。
緩急針(時計を進ませたり遅らせたりする時にいじるパーツ)を微調整するネジが内側にあるため調整はやりにくそうではあります。

動画 動いている様子が見れます

トップへ

inserted by FC2 system